*

金欠!!ピンチのときの対策法

給料日前で手持ちのお金がないというのに、お金が必要な急な用事ができてしまった。日ごろから計画性のある生活を送って来なかったせいで、月末の支払いを滞らせてしまったなど。

金欠は自分の日常生活に大きなダメージを与えます。食費がピンチになってしまうほか、支払わなくてはならない生活費なども払えない状態になってしまい、滞った状態が続くと日常生活に必要な電気やガス、水道なども止められてしまい精神的に追い詰められて生きていくことすら辛くなってしまいます。

898474c82c4015abe7438cda9f49e2ef_s

金欠でピンチにならないようにするためには計画性のある生活を行う、いざというときのために備えておくなどの対策があります。

ここでは金欠を回避するための対策と金欠になってしまったときの対処法について、まとめてみました。


金欠を回避するには?

・計画性を持つ
無駄な出費はなるべく避け、給料日間近でも余裕で生活できるほどの資金を残しておく方法です。意外と給料日直前になって支払いが出てきたりしてピンチに陥りがちですが、出費を減らし、後半に余裕を持たせるようにしておくと困ることが少なくなります。
・副業などで働く
ピンチになってから働くのはお勧めしません。いざという時のために、前から有効時間を活用しておこづかいを稼げる仕事を確保しておくといざというときに役に立ちます。働く方法としては実際の仕事が終わった後、ほかの仕事を掛け持ちする方法と、ポイントサイトや、記事作成のようになどスマートフォンやパソコンを利用して、空いた時間を有効活用しておこづかいを稼ぐ方法があります。
・お金に困ったら
現金で支払わず、クレジットカードで決済しましょう。クレジットカードの支払は、1、2か月先になりますから、とりあえず金欠をしのぐことができます。
・本当に困ったときには
それでも今すぐ使うお金が足りない。そんなときにはクレジットカードや金融機関のローンカードで借入する方法があります。しかしこの場合、借りたお金は金利を付けて返す必要があります。返済が滞るとかえって借金が増えていってしまうというリスクを伴うので本当に困ったときの最終手段としておきましょう。普段はなるべくお金を借りない方法でピンチを乗り越えるようにしましょう。中には無利息期間があるローンもあるので、初めての人はそれを活用すると良いでしょう。

初めての利用で無利息期間があるカードローンはこちら。一時的な金欠にどうぞ。


金欠対策にクレカで決済して、お金を作る裏ワザ

クレジットカードはどうしても引き落としが来月以降になってしまうので、お金の管理がしにくいというデメリットがありますが、逆を言えば支払いを先に延ばすことができるわけです。

クレカで支払うことで金欠の延命をすることができるのですね。

例えばです。どうしても金欠で困っているということであれば、仲間内で飲みに行き、割り勘のお金を集めて、あなたは自分のカードで決済すれば、集めたお金はあなたのお財布の中へ・・・

クレジットカードの枠が現金化出来てしまう瞬間です。

こんな裏技もあるんですよ。お金に困ったときにお試しあれ。


乗り切るための金欠対策の極意



bb88f32e47960401bc523ad883726785_s


給料日前でお財布にもうほとんどお金が入っていない。まだ給料日まで日があるのにお金がなくなってくると、そのことばかりで頭がいっぱいになってしまい、心に余裕がなくなり、生活に支障をきたしてしまうこともあります。

そんな状態にならないためには、普段から出費を抑えた生活をしたり、仕事の隙間時間を生かして副業やおこづかい稼ぎなどをおこなう、クレジットカードやローンカードを使うなどの方法があります。

日常生活をほんの少し変えるだけで金欠を乗り切ることができる場合があります。
低金利なところを集めたカードローン一覧はこちら

ここでは、金欠を乗り切るための日常生活の注意点について考えていきます。


金欠にならないようにするための生活の心構え

・無駄な出費を抑える
普段の生活の中で無駄な出費はありませんか?外食などはもってのほかです。外食を少なくして自炊する機会を増やすことでかなり出費は抑えられます。惣菜やコンビニ弁当などの多用は控えましょう。スーパーや量販店の特売日に食材や日用品をまとめ買いしておくのも手です。 外でジュースなどを飲みたいときは自動販売機やコンビニなどよりスーパーなどのほうが安いのでそちらを利用するようにするといいでしょう。
・家計簿を付ける
出費の多くは食費ですが、それ以外にも意外と無駄な出費をしていることが多いものです。家計簿を付けて出費を見直すことで食費以外の無駄な出費を抑えることができます。
・あと片付けしておこづかい稼ぎ
金欠になったときには身のまわりの物を見直してみることも大切です。普段使わないものやいらないものなどはないですか。そういった不用品は思い切ってリサイクルやオークションなどを利用して、ほしい人に売るという方法があります。 特にオークションなどは、本当にほしい人が自分で金額を付けてくれるので高く売れます。 部屋のあと片付けもでき、おこづかいも稼げるので一石二鳥です。
・空き時間の有効活用
一日のうちで何もすることがなくて暇な時間はありませんか。金欠でピンチになることが多いのなら、生活している中での空き時間を利用しておこづかい程度のお金を稼ぐことができます。 アンケートに答えたり、指定されたアクションを行なうことによってポイントがもらえ、ポイントが溜まると換金できるポイントサイトや、単発や短期で行う仕事、パソコンを使って行う仕事など、通常の仕事以外の副業をすることで金欠を防ぐこともできます。 日常生活を少し見直すことで金欠を防ぐことができます。

お金の管理はしっかりと。ポイントを貯めて賢く使う

食品や日用品をスーパー、コンビニ、ドラッグストアで買うとき、現金で支払っていますか?

現金で支払ってもそのお店のポイントカードを持っていればポイントは付きますが、クレジット決済の方がポイント率が高いという場合があります。

ただクレカの場合、自分が今いくらカードを使っているかわからないし、管理が面倒という人はプリペイド式のハウスカードを使うといいでしょう。

ハウスカードとは特定のお店で使えるポイント機能付きのカードのことです。たとえばnanako、waonなどです。

生活費の中から1ヶ月に使っていい分の金額をチャージしておけば、あといくら残ってるかレシートに書かれてきますから管理しやすくなります。

毎日これで支払えばポイントが溜まっていき、そのポイントを現金として使えるのでお得です。

お店によってはポイント2倍、3倍、5倍などの日や5%引きの日など設けているのでその日を狙って買い物をするのもいいですね。

記事一覧!